上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1945551

パク・ヨンハ、2周忌…日本のファン1200人が追悼訪韓

tc_search_naver_jp.jpg

6月30日、2周忌追悼式...日本でも追悼イベント
2010年6月30日、突然この世を去った故パク・ヨンハの2周忌追悼式が行われる。

個人が生前所属していたYONAエンターテインメント側は26日、追悼式開催のお知らせとともに「6月30日故パク・ヨンハの2周忌を追悼するために、1,200人余りの日本ファンが韓国に入国する」と述べた。

YONAエンターテインメントによると、追悼式は30日午前、個人が眠っている盆唐(プンダン)メモリアルパークで開かれる献花式と焼香式から始まる。同日午後には、ソウル祥明(サンミョン)大学祥明アートセンターで知人と韓国ファン、日本ファンが集まり、パ・ヨンハの生前の姿を捉えた映像を視聴する“フィルムコンサート”が行われる予定である。

故人の姉でYONAエンターテインメントの代表を務めるパク・ヘヨン代表は、「去年日本で上映したフィルムコンサートを行い、パク・ヨンハが生前に活動していた姿を韓国でも是非披露したく、このようなイベントを用意した」と述べた。

今回の追悼式以外にも、日本のファンたちは2周忌を迎える今も、故人への変わらない愛情で各種追悼イベントを開催し、パク・ヨンハを偲んでいる。

tc_search_naver_1jp.jpg

19日から26日までは渋谷でファンたちが集まり共に食事をし、生前にパク・ヨンハが残した未公開の映像や写真を見ながら日本活動当時の思い出を分かち合う「Park Yong Haカフェ~our 2923 day~」が開かれた。

また19日から7月6日までは六本木でパク・ヨンハの追悼イベントが3週間に渡って行われる。この期間中にはパク・ヨンハの日本での活動の姿をとらえた映像が19日から26日まで上映され、故人の遺作である映画「作戦-THE SCAM-」(2009)が23日から30日まで上映される。

また、パク・ヨンハが生前最後に行ったアフリカボランディア活動を記録したドキュメンタリー「美しい青年パク・ヨンハの最後の願い」も7月1日から6日まで上映される。

パク・ヨンハの義兄でYONAエンターテインメントのキム・ジェヒョン取締役は、日本現地でのイベントに自ら参加し、「故人を思う気持ちと変わらないファンの愛情をもう一度実感できた熱い現場だった。ファンから延長要請があり、追加開催を検討している」と述べた。
スポンサーサイト
2012.06.27 Wed l 韓国 l top ▲
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2012/06/27/0200000000AKR20120627008300005.HTML?did=1179m

日パク·ヨンハ追悼行事に8000人

AKR20120627008300005_01_i.jpg

母親、日本のファンに直接感謝


(東京=連合ニュース)李苔紋通信員= 2010年6月にこの世を去った韓流スターと(故)パク·ヨンハ2周忌を迎え、彼の追悼の熱気が日本で続いている。

特に去る19日から26日まで東京·渋谷のスペースシャワーTVよりダイナで開かれた 'パク·ヨンハカフェ - 私たちの2923日(Our 2923 days) "は8日間、一日四回合計27回開催されるイベントの期間に​​、彼を忘れられない8000日本のファンが探して食事と一緒に故人​​の活動を盛り込んだ特別映像を見ながら思い出を分かち合った。

初日と2日目続き26日に最後の日にも会場を訪れた故人の母親オヨウンラン氏は "6月は彼が日本にデビューした月であり、最後の公演をした月でもあるし、一方では胸が痛むの月でもある"としながら "今日は6月悲しい記憶だけでなく、楽しくて幸せだった月でもあることをもう一度再確認するための場 "と述べた。

呉さんは挨拶と一緒に帰るファンを見送っていちいち感謝の意を伝えた。

一方、来る30日にパク·ヨンハ2サイクルを追慕するために、昨年に続き、1200人余りの日本ファンが韓国を訪れ、追悼式と追悼のテレビ会議に出席し、故人の意を称える予定だ。

AKR20120627008300005_02_i.jpg
2012.06.27 Wed l 韓国 l top ▲
「パク・ヨンハ Forever展~最愛の息子よ~」松坂屋名古屋店で開催

名古屋
2011.09.21 Wed l EVENT・LIVE l top ▲
追悼1周期パクヨンハ遺族初のインタビュー

追悼1周期パクヨンハ遺族初のインタビュー
"誠実で本当の妹、ありがとうという言葉で、不足しているファンたちの愛..."

韓流スターパクヨンハがこの世を去ってから1年が過ぎた。6月30日、彼の位牌が祀られている京畿道坡州市約千社で、彼の家族と日本ファン1千7百人が集まって1周期追悼行事を行った。
今では彼に代わって、日本ファンたちと疎通しているパクヨンハの姉バクヒェヨンさんと姉の夫キムジェヒョン氏に会い、生前、パクヨンハの真率な姿、故人への懐かしさを聞いた。

この日もやはり雨が降った。重要な行事があるたびに雨が降って"レインマン"というニックネームがついた、故パクヨンハの追慕一周忌の日、早朝から空は暗雲にガドゥクヘトゴ行事が始まると、太い雨脚が相次いだ。

6月30日、京畿道坡州市約千社で開かれた追悼式には、前日に飛行機に乗って、日本から飛んできた1千7百人のファンたちで足の踏み場がなかった。しかし、恐れていたのとは異なり、イベントは、物静かで厳粛な雰囲気の中で一瀉千里に進行された。ファンは1時間近く並んで順番に遺影写真を眺めて献花をした。車椅子に乗ってきた70代のお年寄りも、日本人男性の助けを借りて困難に階段を上がって、故人の顔と向き合った。それまでの悲しみを抑圧していたファンは写真の中のパクヨンハの明るい姿を見て、最終的にエトンハン心に涙を流した。これらは午後になると、故人の遺骨が安置された京畿道盆唐のメモリアルパークにまた集まって故人を追憶した。

早朝から追悼祭の準備に奔走したパクヨンハの家族は、毎分納骨堂にも姿を現わした。これらが最初に訪れたのは、父親の墓地。故人が去ってから4ヶ月ぶりに胃がんで亡くなったお父さんの息子のような空間に仕えた。パクヨンハの母と姉夫妻は封印協議で黙祷と献花をした後、故人を忘れることなく遠くまで捜してくれたファンに感謝の挨拶をしては席を外した。そして半月後、パクヨンハの姉バクヒェヨン氏と彼の夫キムジェヒョン氏が長年の彷徨い最後に、本紙のインタビューに応じた。

現在バクヒェヨン氏は2007年パクヨンハが自分の名前をとって設立した"ヨナのエンターテイメント"を続けている。他の事業を運営している夫キムジェヒョン氏も妻を助けるためにヨナエンターテイメントの実務を担当している。今回の追悼式も、これらを中心に準備が進行されたが、行事を終え、母を含め家族全員が疲れが出たという。虚脱さも押し寄せた。

"追悼式を準備しながら、頻繁に約千社とのメモリアルパークをオガトヌンデ、そのたびに心は複雑でした。特に墓地の周辺にパッと広げている花を見ると、もっと悲しくて腹も立って...、涙もたくさんフルリョトジョ。それでも今回の仕事行いながら、多くの方々に助けを借りて感謝の気持ちをどのように表現するか分からない。私たち家族で準備した場合は、不可能なことでした。"

追悼式は、準備段階からヨナのエンターテイメントとパクヨンハが生前に活動していた日本側のマネージメント社オププロントゥウイ協力で行われた。遺族たちは、今年の初めから1周忌行事を置いて悩んでいたところ、今年3月、日本に地震が起こると暫定的に保留することを決定したが、日本のファンが追悼式に参加したいという意思を積極的に明らかにし、追慕祭を準備することになった。日本は我が国とは異なり、ファンクラブを専門に管理する会社があり、ファンの意見収斂が速く、行事を進行する過程でも、体系的なシステムが構築されているとキムジェヒョン氏は言う。実際に追悼式を控えて、日本の関係者が4回にわたって韓国で実地調査をしてきた。一山(イルサン)と、毎分を回って移動経路と時間、さらには観光バスの駐車場まで徹底的に確認した。このような緻密さのおかげで、チュモシク当日2千人近い人数が集まって来たにもかかわらず、何の事故なく、無事に終えることができた。韓国での準備過程も侮れなかった。行事の概要を組むことから、ファンに配るレインコートと帽子を用意するなど、わずかなこと一つまでのがさないように努めた。

"頭皮が赤くなるほど神経を使ったが、それでも逃したのがあるんですよ。追慕祭数日前に母が約千社にタオル2千個を送るとされるんです。もし雨が降れば雨水を拭くタオルが必要なようで準備した支持する。実際にその日の便利よく使い​​ました。今回の行事を準備しながら多くを驚かせた。多分誰もがそう心が一つになってヨンハのためにエソジュのか、日本側関係者はもちろん、ヤクチョンサ住職様も、特に私達のため節庭を開放してくれました。メモリアルパーク側でも観光バス​​が複数台に上がってくることに備えて道まで新しく出しんです。感謝し、また感謝するだけです。"

パクヨンハが発ってから1年、その間、家族はどのように過ごしたのだろうか。両親は息子を送った後、すぐにヌナネ家に居を移した後、父が亡くなるとしながら、家族たちは、もう一回、悲しみに沈んだ。すべてが嵐のように一度乱梔子の心は揺れる船のような混乱だった。ある程度の安定をチャトアトナしたいながらもいきなり押し寄せる懐かしさに心の片隅にいつもアリョトダ。


"リビングルームの暖炉の上にヨンハの写真がガドゥクヘヨ。ファンが送ってくださったのがほとんどでしょう。一日に何度もヨンハの顔を覗きながら話もしてそうするのに、映像では到底見られないです。しばらく前に、ケーブルチャンネルで、ヨンハが出演した映画"作戦"を放映するんですよ。ヨンハの顔が大画面に出てくる瞬間目を閉じてしまいました。胸が突然ネリョアンゴ精神がモンハドラゴヨ。母も似たような経験をし、入手ヨンハが行って、私は後に家族はTVをほとんど見てください。それでも声が聞きたくてヨンハの歌は頻繁に耳を傾ける。車にもヨンハが日本で発表したアルバムがすべてだ。"

子を胸に付着した母は、表面​​上は大丈夫なようでも、今日は大変で明日また大変だ。それでも、今まで息子を忘れずに覚えておいては、ファンたちを見て、多くの慰めを得ている。家族は少なくとも週に一度毎分納骨堂にドゥルルヌンデ、そのたびに墓地の前に座っている日本のファンたちに会ったという。去年の冬には寒いところで震えているファンのために母が、大きなポットにコーヒーやゆず茶を入れて納骨堂に向かった。

"暖かいお茶でもおもてなししたいと言いました。日本がいくら近い国だといっても今まで見つけてくれるファンがいるというのが本当に信じられないほど感謝しています。たとえ言葉はよく通じないが、墓地の前でヨンハを偲んで、お互い抱きしめて泣きながら見ると、心はみなトンヘヨ。ヨンハと関連し、仕事があって、日本に行けば、空港まで迎えにナワジュ方々もいらっしゃいます。その方たちがでておられた場合は、おそらく最後の1年があまりにも大変だったでしょう。"

ファンの追悼が後を絶たないために墓地には、1年を通して花やプレゼントでいっぱいだ。もいくつかのファンは、毎月の墓地に花を配達し、またあるファンは、定期的に家族に花を送る。数が少なくてそう、韓国ファンたちの誠意も日本のファンに劣らない。毎日のように毎分の墓地を訪ねてきて墓地の前に座るスペースを作るための柔らかいビニールカーペットをカルアジュンファンもいる。バクヒェヨン氏は、"感謝の言葉では表現しにくい、まるで映画の中にいるような気がする時もある"と述べた。夫ギムジェヒョンシも、日本のファンに接するたびに、彼らが見せてくれる配慮と関心に驚きを隠すことが出来ないという。

"実はヨンハが行って私は後のファンクラブを維持するのが意味があるかと思いました。妻ともその部分について議論したが、日本は我々と情緒が違うんですよ。たとえスターでは行ってありませんが、彼が生前に残した痕跡を維持するのが使命だと考えているようです。さらに驚くべきことはファンたちに会うと、"ヨンハさんを見ることができなくて悲しい。大変です"と愚痴をするのではなく、過去7年間でヨンハが、自分たち抱かれてくれた喜びと幸せが大きさで、今では自分たちがヨンハにその愛を返してという話をします。そのたびに胸がムンクルハゴ家族として本当に感謝します。"

日本では過去1年間パクヨンハを追悼する行事が数回開かれた。昨年の18回の公演で捕えられていた"パクヨンハコンサートツアー2010 Stars"がパクヨンハ死亡3回でとどまった、ファンの要請で、昨年3月からパクヨンハの生前の活動の様子を編集して見せてくれる"フィルムコンサート"の形式に変わって公演された。日本の12地域を回りながら進行されたが、最後の公演は、最も大きな地震の被害地域である仙台で開かれた。最初は誰もが悲しみに沈んでいる状態で公演を開くというのが道理ではないようでキャンセルしようとしたが、むしろ仙台のファンたちがコンサートを行い、上にされていっ予定通りに進行してくれることを要請してきた。結局、今年7月に2万5千人のファンが参加したフィルムコンサートは盛況のうちに終わった。

"ヨンハが起った時に悲しみに耐えても大変だったが、糸巻きのように絡み合っている多くの問題をどのように解いていくか悩みでした。さらに、大規模なコンサートが進行中だったため、停止に起因する金銭的損害を避けることができませんでした。ところが、日本側関係者たちは、初めて会った時から何とか私達を助けてくれる方向に話を導いてくれました。少しでも被害を少なくてみようとするのではなく、家族が安静をとることが優先としながら、配慮んです。ファンもほとんどがチケットを払い戻しせず、会場を借りてくれた企業は、最低限の経費だけ受けました。セッションでさえ、自分たちは演奏をしていないので、お金で受けると言うんですよ。まったく信じられない光景でした。"

日本側関係者たちは遠く去ったパクヨンハの代わりに家族にスター級の扱いをしてくれる。会社側の招待で日本を訪問する時は生前のパクヨンハが乗って通っていた飛行機の座席に、パクヨンハが泊まったホテルが喜んでくれる。バクヒェヨン氏は"そんな必要がないと、いくらの仕様をしても効果がない。感謝の気持ちは、すべて言葉で表現できない"と述べた。

日本でパクヨンハはスター中のスターだった。韓国ではこの事実が大きくクローズアップされていないが、これまで日本で活動した面々を見ると、彼の人気を十分に計ることができる。パクヨンハは日本の衛星放送が主催する授賞式で、二度にわたり大賞を受けた。受賞作の選定は、ファンの投票だけで行われるが、2008年には、パクヨンハの日常を公開した"ヨナダイアリー"が大賞を受け、昨年11月にはアフリカのチャドで"ヨナスクール"を浮かべて奉仕活動をする姿を描いたドキュメンタリー"パクヨンハアフリカの旅"がもう一回大賞を獲得した。この時は母親と一緒に家族が代理で参加して受賞した。

バクヒェヨン氏は、過去1年間弟の足跡を歩き、万感が交差したという。ファンの愛に感謝しているのはもちろんのこと、誰にでも良い記憶として残っている弟もすごいという気がしたということだ。彼は"以前にもヨンハが私の妹だという事実が誇らしく胸がいっぱいだったが、ヨンハが行って私の後ろに、その心がさらに大きくなった"と話した。

"私が知ってヨンハヌン自分がその席に上がったことに対していつも感謝している子供でした。正直ヨンハヌン最初からスターではありませんでした。会社員のように着々と誠実に階段を上がり、その過程で多くの不満もマトブワトジョ。そうするうちに、ドラマ"冬のソナタ"で注目され始め、日本の活動もするようになりました。そのため、ヨンハ、自分自身が右の機会に、心より感謝し、家族にもそのような話をよくしました。そうするほどもっと努力したんです。ヨンハが去るまで、日本語を熱心に学んだのも、同じ脈絡だと思う。一度は私達の家族が日本にいるヨンハの家に行ったことがあるが、ヨンハが"申し訳ありませんが、今日本語の先生が来ることになっているので勉強し終えて、少しですが遊びに行こう"と言うんですよ。ファンと直接コミュニケーションするには、言語の問題を解決しなければならないと考えたようです。塾で、個人レッスンまで、本当に熱心に勉強しました。結局、最後のコンサートの場面を見ると、通訳なしでファンたちに冗談をするほどに日本語を身につけたことを知ることができます。歌の練習も熱心にしました。ヨンハが舞台の上で歌う姿を見るのがナクイオトヌンデ...。アルバムが出るたびに実力がますます発展しているということを知ることができました。"

しかし、派手な外見の後に隠されている芸能人としての苦情をパクヨンハも感じたそうだ。これに対してパクさんは"芸能人として大変な点があった場合、おそらくもっと上手くやりたい心、自分自身をアップグレードしたい欲がなかっただろうか"と話した。家族の目に映ったパクヨンハは演技者として歌手として、まだ不足だという考えをしたという。7年も日本でライブ歌手として活動したが、韓国の放送で歌を歌うのを負担になって"まだ実力が足りない"という言葉をよくした。また、ドラマ"オンエア"などで演技者としての認知度が上がったが、演技力が足りないと感じ、作品に入る前に必ず演技指導を受けたという。

しかし、そのような負担感が、彼が取り返しのつかない選択をすることにした直接の理由ではない。姉夫妻は、正確な原因については口を閉ざしていたが、パクヨンハは決して人気に執着せず、​​誰よりも気さくで率直したと述べた。

今後、家族らはファンたちが、必要な範囲内でパクヨンハの業績を称えることをずっと継続するつもりだ。当面は、来る9月日本、新宿と名古屋で開催される遺品の展示会がある。キムジェヒョン氏は"先日、妻と一緒に、他のアーティストの記念品の展示会を見てきたが、多くの人々が敬虔な気持ちで会場を見回していたよ。見方をすれば故人がファンに与えることができる贈り物という気がして展示を決心した"と話した。

バクヒェヨン氏はパクヨンハが誠実で本当、その姿でファンたちに記憶されると良いと言った。いつの日かその記憶さえもかすかに消える日が来るとしても関係ないとする。パクさんは"私の胸にはいつも星のように輝いている弟だ"と述べた。"永遠に負けない星"、パクヨンハのもう一つの名前になることを祈る。




2011.09.15 Thu l 韓国 l top ▲
貴重 未公開561点収録 パク・ヨンハさん 遺族が全面協力のメモリアル本

めも

昨年6月に死去したパク・ヨンハさん(享年32)のメモリアルブック「Yong Ha Forever」が8日、発売された。

 遺品や未公開だった写真を561点収録。遺族が「ヨンハを愛してくださった日本のファンの皆さんのために」と全面協力し、生前にセルフ撮影されたショットや、幼少時代の貴重な写真も披露。思い出が詰まったソウルと東京のゆかりの場所も紹介されている。

 新宿の高島屋では約200点の写真と愛用品を展示した「パク・ヨンハ Forever展」(13日まで)が開幕。21日からは名古屋市の松坂屋でも開かれる。

スポニチ
2011.09.09 Fri l NEWS l top ▲
日で'パクヨンハフォーエバー"展開く

AKR20110909063500005_01_i.jpg AKR20110909063500005_02_i.jpg AKR20110909063500005_03_i.jpg AKR20110909063500005_04_i.jpg 
AKR20110909063500005_05_i.jpg AKR20110909063500005_06_i.jpg


初日、全国各地で数千人のファン

(도쿄=연합뉴스) 이태문 통신원 = 지난해 6월 세상을 떠난 한류스타 故 박용하의 삶과 연예활동을 한자리에서 만나 볼 수 있는 '박용하 포에버(Forever)전-가장 사랑하는 아들아'가 도쿄 신주쿠의 다카시마야 백화점 행사장에서 8일 시작돼 첫날 수천 명의 팬들이 행사장을 찾았다. (東京=連合ニュース)李苔紋通信員=昨年6月にこの世を去った韓流スター故パクヨンハの生活と芸能活動を一ヶ所で会って見ることができる"パクヨンハフォーエバー(Forever)前 - 最愛の子よ"は、東京新宿の高島屋デパート会場では8日、始まり、初日の数千人のファンが会場を訪れた。

이번 전시회는 고인의 유년기에서 학생시절, 그리고 데뷔 이후의 활동 등 약 250점의 사진패널과 자건거, 메모장, 카메라 등 애장품 약 130점을 '가족만이 아는 박용하' '배우 박용하' '취미와 프리이빗 타임' '음악활동-영광의 기록' '일본 팬과 지낸 날들' 등 6개 코너로 꾸며졌다.今回の展示会は、故人の幼年期から学生時代、そしてデビュー以降の活動など約250点の写真パネルと轉、メモ帳、カメラなどの愛蔵品約130点を、"家族だけが知っているパクヨンハ""俳優パクヨンハ""趣味やフリーイビトタイム""音楽活動 - 栄光の記録""日本のファンと過ごした日々"など6つのコーナーで作られた。

고인의 다양한 활동을 프리미엄 영상으로 되돌아보는 시어터 코너 등도 마련됐다.故人の様々な活動をプレミアム映像で振り返るシアターコーナーなども用意された。

'박용하 포에버전'의 도쿄 행사는 오는 13일까지 열리며, 9월 21일부터 26일까지 장소를 나고야의 마쓰자카야 백화점으로 옮겨 한 차례 더 개최된다. "パクヨンハ砲バージョン"の東京のイベントは、13日まで開かれ、9月21日から26日まで、場所を名古屋の松坂屋デパートに移して一回より多く開催される。

9일 출판된 1주기를 추도하는 공식 메모리얼북 '용하 포에버 32Years'도 행사 첫날 특별 판매돼 구입하려는 팬들의 발길이 이어졌다. 9日に出版された1周期を追悼する公式メモリオルブク'ヨンハフォーエバー32Years"も、イベント初日の特別販売されて購入するファンの足が続いた。


http://news.nate.com/view/20110909n07948
2011.09.09 Fri l 韓国 l top ▲
パク・ヨンハ展、オープン前から超行列!

サンスポ

昨年6月に亡くなった韓国の人気俳優、パク・ヨンハさん(享年32)の展示会「パク・ヨンハ Forever展~最愛の息子よ~」が8日、東京・新宿高島屋で開幕した。

 ドラマ「冬のソナタ」などで韓流ブームの先駆けとなったヨンハさんの初の展示会に、午前10時のオープン前から会場の1、2階入口に約350人が行列。幼少時から学生時代、芸能界デビュー以降まで約250点の写真パネルをはじめ、バイクやレース用ライダースーツ、自転車、手帳、メモ書き、携帯電話、一眼レフのカメラなど約130点の愛用品が披露された。13日まで同所で。

http://www.sanspo.com/geino/news/110909/gnh1109090505001-n1.htm
2011.09.09 Fri l 日本の雑誌・新聞 l top ▲
「パク・ヨンハ Forever展~最愛の息子よ~」新宿高島屋で開催

201108232330211c41.jpg
2011.09.08 Thu l EVENT・LIVE l top ▲
パク・ヨンハさん、永遠に…秘蔵プライベート写真

ZAKZAK.jpg

シリアスからコメディーまで多数のドラマ、映画で人気を得た韓流スター、パク・ヨンハさんの世界初の展覧会「パク・ヨンハ Forever展~最愛の息子よ~」が8日から東京・新宿高島屋で開かれる。

 2004年の初来日以来、コンサートでもファンを沸かしたヨンハさんだが、昨年6月30日、32歳で死去。その葬儀には日本から多くのファンが駆けつけた。

 会場では、初公開となるプライベートの愛用品、リビングルームの再現や、プライベートでの写真などを展示。また、オフィシャルメモリアルブック『Yong Ha Forever The 32-Year-Old』を8日から先行販売する。同展は13日まで。



ZAKZAK
2011.09.07 Wed l NEWS l top ▲
夕刊フジ 掲載

110907_17.jpg
2011.09.07 Wed l 日本の雑誌・新聞 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。