上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
チャド、ヨナスクールが完成!

pic_20110303.jpg

2010年9月に開校したヨナスクール。

建設途中で教室が足りないまま、たくさんの子ども達を迎え入れましたが、2011年1月末に、ついに学校が完成しました!
6つの教室と、トイレや井戸、職員室があります。校庭にはサッカーゴールも設置されました。

チャド、パシャアテレ地域に初めてできた学校として、ヨナスクールには、子ども達やその両親を始めとする地域の人々の未来への希望が託されています。

http://www.gnjp.org/reports/2011/report_20110303.html
スポンサーサイト
2011.03.03 Thu l グッドネイバーズ l top ▲
故パク・ヨンハさんの遺志を継ぐ学校がアフリカで開校へ!俳優パク・ヒスン、女優パク・ハソンらが現地へ

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 故パク・ヨンハさんが日本のファンから募った420万2,819円を寄付し、アフリカのチャド共和国で建設が行われているYONA SCHOOL(ヨナ・スクール)の開校式がついに開催される運びになった。16日、俳優のパク・ヒスン、女優のパク・ハソンらが現地を訪れ、ヨンハさんの遺志を継ぎ、開校式を執り行う。
韓流ブームの火付け役となったテレビドラマ「冬のソナタ」に出演し、日本でもその人気を高めたヨンハさんは、映画『作戦 THE SCAM』で主演を務め、映画界でも活躍。しかし、6月30日、自らの命を絶ち、ファンに衝撃が走った。ヨンハさんは、亡くなるちょうど1か月前となる5月30日、このYONA SCHOOLに、ケーブルテレビ「Mnet Japan」で日本のファンから募った420万2,819円を寄付していた。また、5月22日から約1週間、チャドを訪れていたというヨンハさんは、40度を超える気温の中、自ら基礎工事を手伝い、YONA SCHOOLの建設に奔走(ほんそう)していたという。そんなヨンハさんの意志を継ぐYONA SCHOOLは、まだ建設中とのことだが、すでに出来上がっている2クラスを使用し、開校式が行われることになった。

 16日、ヨンハさんと共に『作戦 THE SCAM』に出演した俳優のパク・ヒスン、映画『アパートメント』などに出演する女優のパク・ハソン、韓国のSBS TVのチーム、国際NGOであるグッドネーバーズのスタッフらが現地を訪れ、開校式を行う。ヒスンやハソンは、教室の飾り付け、建設作業の手伝い、現地の家庭訪問など、ボランティア活動を行うという。ヨンハさんの遺志を継ぐYONA SCHOOLの開校、天国のヨンハさんも喜んでいることだろう。

シネマトゥデイ
2010.09.16 Thu l グッドネイバーズ l top ▲
チャド、ヨナスクールいよいよ開校へ 2010.09.16

2010年5月に故パク・ヨンハ広報大使が学校建設のためチャドを訪問しました。

残念ながら、パク・ヨンハさんは学校完成前に亡くなってしまいましたが、
2010年9月16日、故パク・ヨンハ広報大使の友人であった
韓国人俳優のパク・ヒスンさんと女優のパク・ハソンさんが
ヨナスクールの開校式とボランティア活動の為にチャドに出発しました。

グッドネイバーズ
2010.09.16 Thu l グッドネイバーズ l top ▲
パク・ヨンハ広報大使/チャドボランティアスケジュール公開

パク・ヨンハ広報大使は、8月18日から27日までアフリカのチャド共和国にボランティア活動に行っています。
現地でのスケジュールは次のようになっております。
なお、日程は現地都合上変更されることがございます。

<ボランティア活動スケジュール>

8/18 チャド・ンジャメナ到着
    オリエンテーション

8/19-20 小児麻痺の女の子
      事故、風邪で障害の残ってしまった兄妹訪問

8/21-22 砂漠の村訪問
      小児麻痺の両親がいる家庭訪問

8/23 児童労働事例撮影

8/24 飢餓に苦しむ村訪問

8/25 撮影・出国準備

8/26 帰国(8/27着)


今回、パク・ヨンハ広報大使が訪問する地域は、急性灰白髄炎(ポリオ)の後遺症である小児麻痺が深刻な問題となっています。

小児麻痺は、中枢神経系がポリオウイルスに感染した病気の後遺症としておこる麻痺であり、子どもが罹ることが多いためこのように呼ばれていますが、大人が罹ることもあります。

神経細胞は一度障害がおこると回復しないため、ウイルスに感染して麻痺がおこると、永久に麻痺が残ることがあります。(ウイルスに感染したすべての人に麻痺がおこるわけではありません)

現在では、ポリオワクチンで完全に免疫ができ、一生予防することができますが、(日本では生後3~90カ月の間に2回接種)チャドのような途上国ではワクチンが手に入らず、麻痺による呼吸困難で命を落とす人や、一生障害を抱えることになってしまう人々がいます。

そんな地域に住む人々に少しでも希望を与えられるよう、パク・ヨンハ広報大使の活動に期待します。

国際NGO グッドネイバーズ・ジャパン
2009.08.19 Wed l グッドネイバーズ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。