上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
SFJ「INFOMATION」更新

会員ページ
「INFOMATION」更新…会報26号 発送
スポンサーサイト
2011.06.24 Fri l SFJ l top ▲
パクヨンハの日のフィルムコンサートでファンの足続いて

PYH2011062301580000500_P2.jpg

AKR20110623062000005_02_i.jpg

9つの都市を回って総27回の2万5千のファンを動員(東京=連合ニュース)李苔紋通信員=昨年6月にこの世を去った韓流スター故パクヨンハのフィルムコンサートで日本ファンたちの足が続いている。22日、東京有楽町の東京国際フォーラムホールでのフィルムコンサート"パクヨンハFILMS 2004〜2010☆We LOVE Yong Ha☆"が二回開かれて母オヨウンラン氏をはじめ、家族がファンと一緒に故人の生前の公演の様子を見守った。行事に先立ってパクヨンハの日本所属事務所ポニーキャニオンは、2004年の日本デビュー以来、6年にわたる故人の功績を高く評価してオヨウンランさんに記念牌を贈呈した。オさんは"まだヨンハが公演のために日本に来ているようだ。これからも私たち家族は、ヨンハがいつもそばに一緒にするという心で生きようとする"としながら"常に一様な心でヨンハと家族たちに愛と関心を送ってくださったすべてのファンの皆さんに深く感謝を申し上げる"と話した。併せて、"今も日本のどこかで"ママやコンサートの準備としている"といいながら電話がかかってきたものだけだ、一日に何度も電話を見ている"とし、故人に対する切ないということを伝えた。フィルムコンサートは、彼のヒット曲"永遠""ウォンロブ(ONE LOVE)"、"スターズ(Stars)"など、計17曲の代表曲たちといつまでも、日本ツアーコンサートの姿で飾らし、故人の日常を盛った映像、そしてインタビューなども盛り込まれている。去る3月5日、新潟で開始されたフィルムコンサートは、来月7日、仙台まで全国9都市を回り、計27回開催される予定で、合計約2万5千人のファンが捜す見通しだ。収益金の一部は、日本赤十字社を通じ、日本大地震の被災地支援に使われる。一方、来る30日京畿道盆唐メモリアルパーツで開かれるとパクヨンハの1周忌行事には日本ファン1千200人が正式参加する予定だ。gounworld@yna.co 。kr

http://news.nate.com/view/20110623n18887
2011.06.23 Thu l 韓国 l top ▲
故パクヨンハの人気、日本で昔のまま

20110624ba002.jpg

とパクヨンハの人気は日本で相変わらずだった。

23日、サンケイスポーツ。日刊スポーツによると、昨年6月30日自殺で命を終えた故パクヨンハの追悼コンサートが22日、東京国際フォーラムで開かれた中で約1400人の現地ファンたちが集まって故人を追慕した。

この日のコンサートではパクヨンハが2004年6月に日本デビュー後に発表した17曲の歌とコンサート映像。インタビューや様々なメイキング映像などが上映されてファンの目頭を濡らした。特にコンサートに先立ってパクヨンハの所属レコード会社ポニーキャニオンは、過去6年間、故人が日本で収めた成果を高く評価する意味で、故人の母親に感謝牌を伝達した。パクヨンハの母親は、"いつの間にか1年が過ぎたが、今でも"ママ"と呼ばゴルオオルようで、一日に何度も電話を見つめる"は、いらいらする気持ちを伝えてファンを残念がらせた。

一方来る30日京畿道盆唐のメモリアルパークでは、パクヨンハの1周忌を追慕する行事も開かれる。

http://news.nate.com/view/20110623n10328
2011.06.23 Thu l 韓国 l top ▲
記念の盾パク・ヨンハさんの母へ、ファンもすすり泣き

昨年6月に自殺した韓国の人気俳優パク・ヨンハさん(享年32歳)のフィルムコンサートが22日、都内で行われた。

 3月の新潟から、全国9都市27公演で、計2万5000人を動員したコンサートの東京公演。この日は、生前の日本での歌手活動の功績をたたえ、記念の盾がヨンハさんの母オ・ヨンランさん(59)に手渡された。ヨンランさんが、ステージ上で集まったファンへ感謝の気持ちを涙ながらに語ると、会場からもすすり泣きの声が。30日には一周忌法要がソウルで行われる。

報知
2011.06.23 Thu l NEWS l top ▲
涙の母、悲しみ癒えず「ヨンハに会いたい」

nittere.jpg

昨年6月30日に亡くなった韓国人歌手のパク・ヨンハさん(享年32)のフィルムコンサートが22日、東京公演最終日を迎え、実母のオ・ヨンランさん(58)がセレモニーに出席した。

 オ・ヨンランさんは涙をこらえながらも「まずは本日、ここにおいでいただいたファンの皆様に心より感謝を申し上げます。ヨンハを大切にしてくれた皆さん、本当にありがとうございます」と深々と頭を下げ、日本のファンに感謝。「いつの間にかもうすぐヨンハの1周忌。いつの間に1年が過ぎてしまったんだろうという気持ちでいます。私の気持ちの中では、この瞬間にも日本のどこかでヨンハがコンサートの準備をしているような気がします。今にも『お母さん!』と言って、電話をしてくるんじゃないかと何度も電話を見てしまいます。今、亡くなった夫とヨンハに会いたい」と息子を失った悲しみにこらえられず大粒の涙を流すと、客席のあちこちからすすり泣きが聞こえた。

 「この場に立っていられるのも、皆様がくれた愛情のおかげ。きょう、この場にヨンハもいると思います。そのヨンハに代わりまして、今一度みなさまに感謝申し上げます」とあいさつ。日本語で「ありがとうございます」と感謝を述べ、何度も何度も客席へ頭を下げた。来場した1400人は、拍手にいたわりの思いを込めた。


涙の母、悲しみ癒えず「ヨンハに会いたい」

日テレNEWS24

2011.06.23 Thu l NEWS l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。