上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1945551

パク・ヨンハ、2周忌…日本のファン1200人が追悼訪韓

tc_search_naver_jp.jpg

6月30日、2周忌追悼式...日本でも追悼イベント
2010年6月30日、突然この世を去った故パク・ヨンハの2周忌追悼式が行われる。

個人が生前所属していたYONAエンターテインメント側は26日、追悼式開催のお知らせとともに「6月30日故パク・ヨンハの2周忌を追悼するために、1,200人余りの日本ファンが韓国に入国する」と述べた。

YONAエンターテインメントによると、追悼式は30日午前、個人が眠っている盆唐(プンダン)メモリアルパークで開かれる献花式と焼香式から始まる。同日午後には、ソウル祥明(サンミョン)大学祥明アートセンターで知人と韓国ファン、日本ファンが集まり、パ・ヨンハの生前の姿を捉えた映像を視聴する“フィルムコンサート”が行われる予定である。

故人の姉でYONAエンターテインメントの代表を務めるパク・ヘヨン代表は、「去年日本で上映したフィルムコンサートを行い、パク・ヨンハが生前に活動していた姿を韓国でも是非披露したく、このようなイベントを用意した」と述べた。

今回の追悼式以外にも、日本のファンたちは2周忌を迎える今も、故人への変わらない愛情で各種追悼イベントを開催し、パク・ヨンハを偲んでいる。

tc_search_naver_1jp.jpg

19日から26日までは渋谷でファンたちが集まり共に食事をし、生前にパク・ヨンハが残した未公開の映像や写真を見ながら日本活動当時の思い出を分かち合う「Park Yong Haカフェ~our 2923 day~」が開かれた。

また19日から7月6日までは六本木でパク・ヨンハの追悼イベントが3週間に渡って行われる。この期間中にはパク・ヨンハの日本での活動の姿をとらえた映像が19日から26日まで上映され、故人の遺作である映画「作戦-THE SCAM-」(2009)が23日から30日まで上映される。

また、パク・ヨンハが生前最後に行ったアフリカボランディア活動を記録したドキュメンタリー「美しい青年パク・ヨンハの最後の願い」も7月1日から6日まで上映される。

パク・ヨンハの義兄でYONAエンターテインメントのキム・ジェヒョン取締役は、日本現地でのイベントに自ら参加し、「故人を思う気持ちと変わらないファンの愛情をもう一度実感できた熱い現場だった。ファンから延長要請があり、追加開催を検討している」と述べた。
スポンサーサイト
2012.06.27 Wed l 韓国 l top ▲
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2012/06/27/0200000000AKR20120627008300005.HTML?did=1179m

日パク·ヨンハ追悼行事に8000人

AKR20120627008300005_01_i.jpg

母親、日本のファンに直接感謝


(東京=連合ニュース)李苔紋通信員= 2010年6月にこの世を去った韓流スターと(故)パク·ヨンハ2周忌を迎え、彼の追悼の熱気が日本で続いている。

特に去る19日から26日まで東京·渋谷のスペースシャワーTVよりダイナで開かれた 'パク·ヨンハカフェ - 私たちの2923日(Our 2923 days) "は8日間、一日四回合計27回開催されるイベントの期間に​​、彼を忘れられない8000日本のファンが探して食事と一緒に故人​​の活動を盛り込んだ特別映像を見ながら思い出を分かち合った。

初日と2日目続き26日に最後の日にも会場を訪れた故人の母親オヨウンラン氏は "6月は彼が日本にデビューした月であり、最後の公演をした月でもあるし、一方では胸が痛むの月でもある"としながら "今日は6月悲しい記憶だけでなく、楽しくて幸せだった月でもあることをもう一度再確認するための場 "と述べた。

呉さんは挨拶と一緒に帰るファンを見送っていちいち感謝の意を伝えた。

一方、来る30日にパク·ヨンハ2サイクルを追慕するために、昨年に続き、1200人余りの日本ファンが韓国を訪れ、追悼式と追悼のテレビ会議に出席し、故人の意を称える予定だ。

AKR20120627008300005_02_i.jpg
2012.06.27 Wed l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。