上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
marie claire(韓国)

キーを覆う程高い波を見てサーフィンしやすい日とし楽しくなるといった。 陥ることのように熱い太陽の下ではタニングしやすい日とし好んだし,決定的に何もしなくても退屈でないところとしハワイでの毎日を満足した。 カメラや舞台でない海辺ある片隅に足だけのせてもナグタゲ笑っている,日常のパク・ヨンハは幸せさ自体であった

y1.jpg

韓流スターで韓国スターで,去る2年間パク・ヨンハは似ていたように他の二つの字中で早く位置変動をしてきた。 それでも韓流スターの席を退いたのでもなくて,韓国スターにだけ限定された活動を行ったのでもない。 単におよそ何年間一ケ所にだけ偏った活動領域を若干の回帰本能で平準化したと言うべきか。 ハワイ撮影に先立ちスケジュールを調整するために彼のマネジャーと会った時偶然に覗いて見た彼のスケジュール ダイアリーは2012年までぎっしりといっぱい詰まっているように満たされていた。 日付別で詳細にゴマ粒のような文字までは違うが,分期別あるいは月別で日本と韓国活動の時期が分かれていたし,その中でドラマと映画スケジュール,アルバム発売とコンサート スケジュールで大きい輪郭は捕えられた状態. だから突然良いシナリオが入ってくるとしても予定されたスケジュールを揺るがしてパク・ヨンハをつかんでおくことができないという話だ,残念なことに。

そして10月中旬のパク・ヨンハは二番目ハワイ コンサートを準備中だった。 パク・ヨンハひとりのために動くスタッフだけ韓国と日本を合わせて1百人余り. もちろんアーティストを尊重する雰囲気が強い日本らしく小さいスケジュール一つにも担当ボディーガードだけ三,四人が動員される。 ところでアイロニーなのはこの多くの人々がそのために動くものとは別個で本来彼は午後2時が過ぎるようにお昼も欠かしたまま大きなスイートルーム中に一人でいるという事実だ。 簡単な通話終わりにピザとサラダだけの私たちの食卓に大きなヘッドホンを首にかけて,ティーシャツに半ズボン,スニーカーズの軽い身なりで彼が合流した。 その多くの人々はいったい彼を一人で置いておいてどこへ行ったし,日本の人々が多いハワイでボディーガード同伴が必須の彼がこのように気楽に歩き回ってもかまわないのかに対して私たちは彼がピザ一口を切り取って食べる前にむやみに質問らを吐き出した。 “まさか…する心理ではないでしょうか。 まさかパク・ヨンハがこういう姿で一人で通うよ,する。 (笑い)ボディーガードが同行するからそうであって事実そのまま通えばよく調べてみられません。 我が国もそうなのではないか。 むしろマネジャーやスタイリスト,バン同じ眼に触れる要素があって注目されていることであって芸能人一人で狎鴎亭(アックジョン)散策すれば調べてみる人いないでしょう。 職業的な特性上あまりにも周辺スタッフらが共に移動するからさらに眼に触れるようで。 ア,人々は全部リハーサル準備しに行きました。 同船であり,舞台を事前に点検しなければならないから。”

ピザ二切れとコーラ一杯をきれいに空ける終始彼の話題はすべてハワイ礼賛だった。 “誰かを愛する時理由があるんですか,そのまま無条件であって。 ハワイがそうします。 そのまま無条件良いようで。”つきあうほど泉がわく恋愛感情のように始めてきた時よりくる時ごとに感じられる感情の深さが倍加されると言いながら。 感性にも栄養分が必要ならばパク・ヨンハはハワイでその余裕があるということを充電するようだった。 サンド ビーチのくらっとした波高さとサーフィンの楽しみに対して,なので二番目ハワイ礼賛が始まろうとする時リハーサル時間に合わせて彼を連れに来たボディーガードに囲まれてパク・ヨンハはあっという間に‘ヨナチャン’で帰った。

y2.jpg

日本,米国,韓国から集まった1千5百人のファンたちを二時間の間22曲の歌でつかんでおいた,舞台上のパク・ヨンハに偽りはなかった。 “私に歌は練習するだけに,努力するだけに万実力が出てきます。 専門ボーカル トレーニングを受けて戦略的に育てられた歌手ではないから。 舞台に立つ歌手パク・ヨンハは正直です。 煙のようにカメラアングルでいたずらをすることもできません。”最高でなければこらえることはできない人でなく最善を尽くせなければ耐えることができないタイプの人というか。 日本で純粋公演回数だけ50回を越えたあるいはプドカンと東京ドームをいっぱい埋めた大型歌手にふさわしくなく舞台を話す時の彼は用心深くしたし謙虚だった。 “少ないのは1万5千人,多くて2万~3万人観客前に立つのになじんだためか昨日公演は率直に大変難しかったです。 ハワイ公演は費用や時間的な面でファンたちに負担がたくさん行くから観客と呼吸できるほどでだけ迎えますね。 規模に非解読意味も深くて神経も多く使う公演なのに昨日は初めて二曲程度歌ったが突然前が白くなりますよ。 いっそ公演会場が広くて観客数が多ければ照明に分けて何も見られないから歌にさらに集中することができるのに,昨日は歌終わって照明がついたがファンたちの顔が一人一人鮮やかに目に映りますよ。 緊張して心臓が‘どしんと’と落ちましたよ。 そのようにじろじろ見つめるから声がますますだんだんなくなるようで。”

ところが見守ったことでは抜群の実力を誇ってゲスト一つなく二十曲も歌って退けた驚くべき歌唱力の所有者,歌手パク・ヨンハはその間人知れずきちんと積み重ねた時間と経験がプレゼントしたもう一つの大切な発見だ。 “一年に正規アルバム一枚,シングル二曲,コンサート1~2回程度が日本での決まったスケジュールです。 韓国と日本中どこでも完ぺきな均衡を成し遂げられるスケジュールという(のは)ないです。 そのまましたいものなどを良い環境で良い人々と分けたいだけでしょう。 今はドラマと映画二つのうち一つを選択するために悩みの時間を送っている中です。 来年4月には日本全国ツアー準備に入らなければならなくて,6月にはツアーが始まらなければならないから,映画でもドラマでも国内ファンたちに会って動こうとするなら決定を急がなければなりません。 だが今何より必要なことは恋愛そのこらえることはできないときめきに対する待つということ? (笑い)恋愛したいです。 もちろんそれ(彼)より先立って必要なことは今直ちにサーフィンしに行くこと。”

y3.jpg

marie claire(韓国)
2009.12.02 Wed l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。