上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
パクヒョシン日の最初のコンサート点滴闘魂

イテムン通信員=歌手パクヒョシン(29)が自身の日本での初コンサートを成功的に終えた。

23日夕方、東京の私がルートプラザで開かれた単独公演'PARK HYO - SHIN JAPAN FIRST CONCERT 2010 GIFT』でパクヒョシンは、約2時間半かけて'の思い出は愛に似て』などのヒット曲と日本語の歌などを消化した。

パクヒョシンは、日本でアルバムを発表したことはないが、ドラマ『ごめん、愛してる』の主題歌『雪の華』をはじめ、ドラマ'イルジメ'の'の化身'などで親しまれている。パクヒョシンは、"日本で最初のコンサートだそう多くのファンとくれてびっくりした"とし、"本当にいい思い出ができるよう願ってほしい"とあいさつした。

数日前にかかった風邪で公演を控えて、病院を捜している点滴液を迎えてステージに上がったパクヒョシンは、6人の男女のダンサーとの華麗なダンスを持っているダンス曲も披露するなど、闘魂を発揮した。

この他にもパワーあふれる歌唱力とポップスターのビヨンセのヒット曲を歌ったパクヒョシンは、好きな日本のアーティストとして挙げたMr.Children(Mr.children)の『シル市』を熱唱した。

特に、韓流スターのパクヨンハがびっくり登場してデュエットで人気歌手の稲垣淳一の名曲'夏野クラクション』を素敵なハーモニーに消化されて会場の熱気は最高潮に達した。

パクヨンハは、パクヒョシンと10ニョンジギの友人だと言うしながらファンの変わらぬ愛と応援をお願いした。

パクヒョシン日の最初のコンサート点滴闘魂
2010.01.24 Sun l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。