上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
『作戦 The Scam』 イ・ホジェ監督×パク・ヨンハ記者会見&舞台挨拶レポート

映画『作戦 The Scam』は、韓国映画としては初めて本格的に《株》を題材にデイトレードの世界をリアルに描いた本格的な金融サスペンス。パク・ヨンハ演じる主人公カン・ヒョンスは株で失敗し無一文になるが、死んだつもりになって株を独学で学び直しデイトレーダーになる。しかしやくざ上がりの投資家に目をつけられ、巨額な金が動く前代未聞の作戦に挑むことになる。
監督・脚本は、本作が長編デビュー作となる新鋭イ・ホジェ監督。スリリングでテンポの良いストーリー展開は目が離せない仕上がりとなっている。

2010年1月26日、九段会館にてパク・ヨンハとイ・ホジェ監督の記者会見と舞台挨拶付きプレミア上映会が行われた。

ヨンハは、明るめのグレイの上下のスーツにピンクのネクタイ、ホジェ監督も同系色のグレイのジャケットにジーンズというスタイルで登壇。ヨンハは前日は新聞や雑誌の取材、記者会見前には2度の舞台挨拶をこなしていたが、疲れも見せず「寒い中お越しいただき、ありがとうございます」というねぎらいの一言を忘れなかった。

本作を選んだきっかけを聞かれたヨンハは「新しい題材が軽妙なタッチで描かれていて、株式に詳しくない私でも一気に脚本を読み切り、興味をそそる主人公のキャラクターだったので、悩むことなく出演を決めました」と話した。
ヨンハをキャスティングする上での意図を聞かれたホジェ監督は「主人公カン・ヒョンスは、一見平凡な男ではありますが、好奇心旺盛で負けず嫌い、幸せな家庭のバックグラウンドもなく運がないが、運命を逆転させる人物」だと説明し、「パク・ヨンハという人物はソフトなイメージで、カン・ヒョンスとはかけ離れているように見えるが、様々なジャンルのキャパを持ち合わせている俳優だと信じていたから、彼の中にあるイタズラっぽさやコミカルな一面など新たな魅力を最初に引き出したいと思ったんです。ちょうど彼も変化を望んでいた時期でもあり、キャスティングが実現した」と、互いにシンクロした思いを語った。

ヨンハは「久しぶりの映画撮影のため、慣れるまでに時間がかかった」と漏らし、キャラクター設定に自身も相当悩んだと語った。監督と話し合いを重ね、普段の自分の姿を反映させるつもりで、衣装に自身の普段着を着用してキャラクター作りをしたという。
また、ホジェ監督がOKを出したカン・ヒョンスが埋められる撮影シーンでは、リアリティがもの足りないと感じたヨンハが、自ら撮り直しを提案した撮影秘話も明かした。ホジェ監督はそんなヨンハの情熱的な姿勢や根性、共演者やスタッフへの気づかいなど人間的な魅力にも触れ、互いの信頼感や共演者やスタッフとのチームワークと愛情を感じさせた。

ヨンハは、共演者が日本語のセリフ「ダイギンジョウ」がうまく言えずNGを連発し、笑いっぱなしだったときのホジェ監督のエピソードを披露したり、隣に座る監督にちょっかいを出したりしていると、監督が「いつもイタズラばかりしてくるんです」と明かし、ヨンハは「監督のリアクションが好きなんです」と照れていた。
この日3回行われた舞台挨拶中も、茶目っ気たっぷりに監督をいじるヨンハ。そんなヨンハの事を、監督は「舞台裏でも、こうして舞台に上がってもイタズラ好きで、お茶目で、まったく裏表がない。素直でナチュラル。今みなさんが見ているそのままが、ヨンハです!」と言い、ファンを喜ばせた。

ヨンハは、記者会見時「大金が手に入ったら何をしたいか」という質問に、「一生働かなくていいお金を得たら、島をひとつ丸ごと買って、私の王国を作って王様になりたいです」と語ってくれた。
大金が手に入ったことは誰にも言わず、映画を作りながら平凡な生活をすると答えたホジェ監督に対し、ヨンハが「もっとおもしろい答えをするか、真面目な答えをするかどっちかにしてください!」とつっこみを入れる場面もあった。
ホジェ監督は「日本のお笑いには、ボケとツッコミというのがあると聞きましたが、彼はぜったいツッコミ担当。次回作はコメディなんていいかもしれないですね」とヨンハのツッコミをかわしていた。

「大鐘賞の新人監督賞受賞されたお祝いに、監督に歌を歌ってもらいましょう」
「会場の中から選ばれた一人だけにスペシャルなサプライズがあります」と、舞台挨拶の度にイタズラをするヨンハ。ホジェ監督もオロオロ・・・聞いていない司会者もビックリ。一方、ヨンハの突然の発言に会場は、大盛り上がり!・・・しかし「ファンの方をいじっちゃダメ」と、関係者にたしなめられる一幕も。

ファンから寄せられた質問の中で一番多かった「『作戦 The Scam』に出演して、株に興味は出ましたか?」という問いにヨンハは、「僕は安定志向の貯蓄型の人間なので・・・」と、笑って保守的な発言をした。すかさず司会者が「結婚相手としては理想的ですね」とツッコむと会場から拍手が沸いた。

数々のイタズラは、映画公開の挨拶は初めてで少し照れくさいと語っていたヨンハの、照れ隠しのようにも見えた。映画のみどころについてヨンハは、ホジェ監督が長髪で花柄のシャツ姿のビールを持った男を演じていることを明かし、最後に共演者であるパク・ヒスン、キム・ムヨル、キム・ミンジョンを紹介し、伝言として「皆さんへの感謝と、『作戦 The Scam』を楽しんでご覧になって頂きたい!というメッセージを預かってきました」と、ファンに伝えた。

パク・ヨンハの2010年の今後の活動は、6月から日本全国ライブツアーが控えており、年内にはもう一作映画出演が予定されている。イ・ホジェ監督もシナリオ作業中の作品があり、来春には公開を予定しているという。

映画『作戦 The Scam』は、シネマート六本木・心斎橋ほかにて公開中!

監督・脚本: イ・ホジェ
出演: パク・ヨンハ/キム・ミンジョン/パク・ヒスン/キム・ムヨル
配給: エスピーオー(2009年/韓国/119分)

gooブロードバンドナビ
2010.02.09 Tue l 映画「作戦」 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。