上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
『男の物語』第43回ヒューストン国際映画祭の像を受賞

KBSドラマ『男の物語』(ソンジナ脚本、ユンソンシク演出)が第43回ヒューストン国際映画祭で銅像(Bronze Remi)を受賞した。

今年43回目のヒューストン国際映画祭は、サンフランシスコの映画祭、ニューヨーク映画祭と、米国で最も長い歴史を持っている映画やTVグクジェサン。

映画監督のスティーブンスピルバーグ監督を輩出した映画祭として有名で、ドキュメンタリーやコメディ、ニュース、ドラマなど、60以上の部門にもわたって、今年だけで3500件の作品が出品された。

『男の物語』は、2009年のソウルドラマアワードの審査員として参加していたヒューストン国際映画祭ハンタートッド事務局長の積極的な参加の誘いを受けた作品である。

兄と恋人を失い、復讐を敢行する一人の男を使ってお金が支配する世界の醜い断面を描いた線の太い男性のドラマ。パクヨンハ、キム?ガンウ、パクシヨン、イフィリップらが出演した。昨年、放映当時のマニア層を形成し、関心を集めた。

『男の物語』第43回ヒューストン国際映画祭の像を受賞
KBS『男の物語』美ヒューストン国際映画祭の像
パクヨンハ - パクシヨン『男の物語』美ヒューストン国際映画祭の像...
KBS『男の物語』のヒューストン国際映画祭の像を受賞
2010.04.20 Tue l 「男の話」 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。