上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
パクヨンハ、阿チャドゥソ子どもの学校建設の資金提供

201006070928421111_1.jpg 201006070928421111_2.jpg

先月30日、俳優のパクヨンハが、国際救援開発NGOグトネイボスエアフリカのチャドの学校建設資金として420万2819円(約5800万ウォン相当)を提供した。

パクヨンハはグトネイボスワ一緒にアフリカのチャドの子供たちのためYONA SCHOOL(ヨナスクール)を建立して、正規の学校教育を提供する計画だ。

パクヨンハは去る2009年8月、SBSの希望TVでアフリカの死者の心臓と呼ばれる'チャド(Chad)』でのボランティア活動を行ってきた。そこから子供たちの生死を出入りするの空腹を向き合ったパクヨンハは素晴らしい熱い涙を流しながら、今後継続的に彼らに希望を伝えてだとの約束と一緒に"また戻って来い"との約束をした。

パクヨンハは、1年前の約束を守るため、先月22日、アフリカのチャドを取り戻した。これは昨年出会ったアフリカのチャドの子供の心が1回限りではなく、本気で心配し、応援する気持ちで"また戻って来い"との約束を守ったこと。アフリカからの一週間の奉仕活動を広げたパクヨンハは、現地の気温が60度を超える過酷な猛暑の中での直接レンガを運び、工事に参加するなど、熱意を見せたという。これに現地のスタッフも彼の情熱に賞賛を惜しまなかったという裏話だ。

パクヨンハは、国際救援開発NGOグトネイボスエ送信されたアフリカのチャドの学校建設資金として建てられた'2010 SBS希望TV&YONA SCHOOL』は、チャドの首都ンジャメナから55km離れたパシャアテレ地域に設立される予定であり、すでに施工式終えたとする。

パシャアテレは、地方の田舎の村で、学校、病院などの社会基盤施設が全くないのである。特に、地域の学校が一つもないアテレ地域の子どもたちは正規の学校教育から疎外されている。これにパクヨンハはファンの意思を集めてグトネイボスワ一緒に学校を建設して、正規の学校教育を提供する計画だ。

一方、パクヨンハは今月19日から日本全国16都市で、3ヶ月間開催される全国ツアー『パクヨンハのコンサートツアー- STARS -』の準備のため、先月31日出国した。また、映画『チョムミルミル』のリメイク版ドラマの主人公にキャスティングされた。

http://news.nate.com/view/20100607n05729
2010.06.07 Mon l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。