上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
故パクヨンハ財団の設立の動き... "本格的な議論は、まだ"

生前先行でアプジャンソトドンとパクヨンハの精神をたたえて 困った人を助けるヨナ財団を設立する 移動があり、結果が注目される。

9日とパクヨンハのある側近は"パクヨンハが困難な人々を助ける仕事に先駆けついたそのような心を込めて恵まれない隣人を助けるパクヨンハ財団の設立についての議論がある"と明らかにした。

とパクヨンハは、国際救援開発NGOグトネイボスワ一緒に アフリカ チャドの学校建設資金を提供、現地にヨナスクールを設立するなど、恵まれない隣人を助けるに積極的だった。

韓流スターには今年1月 日本ケーブルMnetジャパンでパクヨンハのアフリカ ボランティア の活動が紹介されると日本のファンの寄付がつながることもした。のためにとパクヨンハを記念する 後援団体への動きが提起されている。

この側近は"遺族と所属事務所の人たちがまだギョンファンがないはずで本格的に仕事を始めたわけではない"とし、"来る18日に日本で開かれる追悼の献花式が完了すると、話をすることができるようだ"と説明した。

パクヨンハの所属事務所側は、不意に彼を放す日本のファンを慰めるために、当初は故人の コンサートが予定されていた東京国際フォーラムで18日、追悼の献花式を備えています。

一方、とパクヨンハは、先月30日、自宅で死亡したまま発見され、韓国と日本の多くのファンに大きな衝撃を与えた。

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2010070915220525951&type=1&outlink=1
2010.07.10 Sat l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。