上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ヨンハさんと最後のお別れ、1万4千人が涙

献花式

6月30日に首つり自殺した韓流スター、パク・ヨンハさん(享年32)の献花式が18日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで開かれ、ファン約1万4200人が参列、最後の別れを惜しんだ。本来ならヨンハさんの全国ツアーの東京公演が行われるはずだった同所には、ステージセットを再現。笑顔の遺影が飾られ、献花したファンの号泣する声と嗚咽が響きわたった。

  【写真で見る】ファンは長い行列をつくり献花式に参列

本来なら、ヨンハさんの優しい歌声に包まれるはずの会場に、女性ファンの号泣が響いた。

 「ヨンハァ~!」。献花を済ませ、ヨンハさんのポストカードを受け取ったファンは悲しみをあらわにした。ポストカードを抱きしめる人や、仲間同士で抱き合うグループ。“突然の別れ”に泣き崩れるしかなかった。

 東京・中野区のOL(49)は04年の初シングル曲で、日本語で「行かないで」を意味する「カジマセヨ」を涙ながらに連呼。宇都宮市から喪服姿で駆けつけた主婦(57)は「父の介護をしていますが、あのせつない表情と歌声に何度も癒された。ヨンハは恋人でも息子でもない、私の天使でした…」と肩を落とした。

 ステージ上には昨年、韓国で撮影された笑顔の遺影と、愛用のアコースティックギターやドラムなどが飾られた。最新アルバム「STARS」に収録される同名曲が静かに流れ、日本では最後となる6月の埼玉・川口公演の画像がスクリーンに映し出される中、約1万4200人が白のカーネーションを手向けた。

 開場前には、16日に来日したヨンハさんの母親、姉のへヨンさんと義兄が献花。プライベートでも親交の深い音楽プロデューサー、つんく♂(41)も駆けつけた。遺族を代表してへヨンさんが「いまだに流れる涙をこらえることができません。身も心も健やかで明るいヨンハはもう、私たちのそばからいなくなってしまいました」とコメントした。

 会場には午前5時からヨンハさんを悼むファンが集まり、開場の午前10時には約4000人が行列。献花まで最大で約3時間待ちの人も。式は午後6時に終了予定だったが、参列者はとぎれることなく同6時20分まで続いた。献花も1万本を用意していたが、急きょ5000本を追加。悲しみの行列は最後まで続いていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100719-00000031-sanspo-ent
2010.07.19 Mon l NEWS l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。