上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
第25回 パク・ヨンハさん献花式に出席して

Web女性自身管理人のDJtabaです。7月18日、東京国際フォーラムで行われた『パク・ヨンハさん献花式』に出席してきました。その模様をお伝えします。



 7月18日、全国的に梅雨明けが宣言され、会場の東京国際フォーラムも午前中とはおもえない強い日差しの中、すでに気温も35度を超えていました。当日のマスコミの集合は10時30分でしたが、友人を亡くしたような感覚に足が速まり、会場に着いたのは9時30分でした。すでに、東京国際フォーラムには4千人近いファンが集まり、その列は中庭を抜け、有楽町駅に届こうとしていました。日傘も差さず、直射日光の中で、黙々と並ぶファンの約半分は喪服を着て、手にはお気に入りのCDや写真集、女性自身編集の追悼増刊をもつファンもいました。

 会場間際の入り口付近では、すでにすすり泣きが聞こえていました。扉が開き静かに入場を待つファンの中から嗚咽が聞こえ、それが引き金となって号泣するファンがたくさん現れたのです。一斉にテレビクルーやカメラマンがフラッシュをたく中、日本サイドのスタッフがマスコミの抽選受付を始めます。意外だったのは、一般雑誌の担当者が少なかったこと。同業誌はカメラマンのみ。担当編集者の姿は見えません。新聞等も記者カメが多く、現場で顔を併せていた編集者や記者は来ていないようでした。すでに自殺報道があってから2週間以上が過ぎてはいましたが、彼が初来日をしてから7年、多くの記事が作られていただけに、なんとも薄情な感じが否めません。自分も担当をして6年。取材時間にすればゆうに200時間は超えているでしょう。距離の遠い友人と過ごした時間よりもはるかに多い交流の思い出は、ファンの泣く声とともに胸にせりあがってきました。

 マスコミの取材開始時間の前に、パク・ヨンハさんの母と姉、義兄が献花を済ませていることが告げられ、会場へと導かれました。会場に入ると、本来、この日行われるはずだったツアーと全く同じ構成で楽器やモニターが置かれていました。大会場には、少しじみなセッティングに、より本気で音楽に向かっていた故人が偲ばれました。すでに多くの献花が行われ、白いカーネーションが並ぶ献花台の先、ステージ上のスクリーンには、今回の全国ツアーの写真と映像が流され、最新CDアルバム『STARS』の邦訳歌詞が浮かび上がっています。

思い出す最後の取材は5月9日。いまだ、2か月しか経っていないことが実感としては湧いてきません。黙々と献花するファンを言葉なく撮影する取材陣のシャッター音がむなしく響きます。30分ほどして、各社の取材陣が引き揚げ始め我々も後をおって会場を出ました。

 すでに日は真上に上がり、気温は38度。ガラス張りの東京国際フォーラムの周囲の体感温度は45度を超えていたでしょう。ハンカチで瞼をぬぐいながら静かに会場入りを待つファンの列は、追悼するというにはあまりに人数が多く終了は18時20分。最初に並んだ人は始発の5時だったというので13時間に渡ったことになります。送別の人数は1万4千200人でした。

「私はヨン様よりパク・ヨンハさんのほうが好きでした。完璧な人よりもずっと人間らしかったので」

取材をしたファンが口々に語るパク・ヨンハさんの思い出は、共通しているようで、まったく違っていました。優しいタイプから、男らしい役まで。実は演技派として新人賞も撮っていた彼の活躍そのものを語っているようでした。

 6年間の取材で、本人とのトラブルは一度もありません。常に真摯に、真剣に、そして気配りをし、写真の確認も本人がする。しかし、返答までに2日はかけない。取材サイドとして、締め切りにトラブルを起こさない数少ない韓流スターだったのです。

 会場を後にする時、手を併せ祭壇に祈りました。その姿を写真に撮るカメラマンがいました。これが、韓流取材なのかな...ふと、むなしさが心をよぎりました。

 アスファルトが焦げたように熱を吐く東京国際フォーラムの前の通りを横切る時、もう一度振り返ると、ファンの方々が暑さの中、黙々と入場を待っていました。その表情は悲しみに暮れていましたが、ここに韓流が支持される...我々が作った流行ではない本当の気持ちがあることが実感できました。パク・ヨンハさんが、植えつけてくれた"種"が、今、花を咲かせたのでしょう。



http://blog.jisin.jp/hot/2010/07/25.html
2010.07.27 Tue l その他 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。