上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
'パクヨンハ'と人生の目的

'パクヨンハ'という俳優を知ることになったのは最近のことである。昨年の『アフリカの死んだ心臓』というチャドでは彼が村の住民のための井戸掘りの様子をTVのニュースで接してからだ。

そして、今年2月にチャドの方向の村に井戸をパロに行ったときに苦しんだ経験は今でも驚きに近付く。 1つの住民が韓国の俳優パクヨンハが子供たちに家を建てて感謝の意をグィツイムヘ与えることに、その場所を訪ねた。 5,6人の子どもたちが手を振ってバンギョソチョダボニ大声でデトゥム"パクヨンハ! "と呼ばれるものだった。

地元の子どもたちは、私たち一行を見てみよう'パクヨンハ'と言って親指を上げ聞いた。おそらく『最高』という意味だっただろう。それらに東洋人は皆『パクヨンハ』で通じた。

パクヨンハは、アフリカの地を訪れたのは、昨年9月だったが、所々に彼の匂いと跡がにじんでいた。私が最も驚いたのは松葉杖だった。 ポリオで、一方の足をひどく私は10代の少女が松葉杖に頼ったまま、 『パクヨンハ』と言って私ににっこり笑いを上げた。パクヨンハが作ってくれたである。

最初は、パクヨンハが韓国で購入して持ってきたものと分かった。ところが、詳細ざエウエ笈それはありませんでした。上下に黒いテープで閉じて釘をして作ったのがオソルプギ対応できなかった。その時、チャド現地で製材を入手して鋸をして松葉杖を作ってくれたことを知った。

チャドの天気予報はまさに殺人的である。真昼水銀柱は華氏120 〜140度オルネリンダ。パクヨンハは、猛暑に汗を流しながら、松葉杖を作ったのである。

それだけではなかった。交通手段がないかの村で『自転車ワゴン』が浸透したのも彼だった。自転車のハンドル部分に車を連結させ、まさに全天候型の移動手段だった。彼の奇想天外な発想に舌を巻くしかなかった。

黄土日干しでも彼が残した痕跡を見ることができる。泥の乾燥のりを混ぜて作ったフルビョクドルは、韓国で流行している環境に優しい黄土色の家を連想させるに十分だった。厳しい暑さの中でも、直接レンガを作成し、生息地工事に参加した彼の奉仕の情熱のセクションに頭を下げていた。

パクヨンハは、昨年、数日の間や、チャドにモムルロトヌンれるか分からない。いつものスケジュールに追われる有名なアーティストでもそれほど長く滞在したことはないだろう。そして、 [再オゲトダ』は、約束を守るための最後の5月にもチャドを見つけたという。 1回限りで完了すると、そこの住民たちに傷を与えることだと思う再度訪問したというのだ。

来年3月には、希望ソサイエティも創立3周年である。それからパクヨンハ氏をぜひ招待して『奉仕証』を聴くとしていた真悲報に接した。自ら命を壊したことの記事を読み、胸がつまっていることを知らない。

韓流の中心に立っていたパクヨンハ、 "受信しただけ返すのは意味のあること"と明るい笑顔を失っていなかった彼がなぜこの土地を急いで去らなければならないかはチュチュクマン臭いだけだ。他人のための奉仕には透徹した彼だった自分は住まなければならないの目的と目標がはっきりしていないのかもしれない。ある瞬間『スター』という人生の価値観と目標が表示されない場合はどうなるのかの不安感が襲われたようだ。

パクさんは、人生の目的を明確にした場合は、尊い命を描き、簡単にあきらめるわけではないと思います。人々は、人生の目的を明確にしなければならないということパクヨンハ氏の死を使ってもう一度実現された。

http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=20100814022107359j5&linkid=4&newssetid=1352
2010.08.15 Sun l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。