上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
韓流スターのパクヨンハ衝撃的な自殺か?

韓流スター パクヨンハは、なぜ自殺とは極端な方法をテクヘトウルカ。と譜椪と高チェジニョンなどは自殺当時、故人が苦しんだの苦悩がある程度知られていたが、パクヨンハはいろいろな種類のチュチュクマン臭いだけで明確な自殺の動機を調べることができないというのが氏だ。予期せぬ自殺、最側近の人々はもちろん、遺族がまったく検出されなかった自殺のニュースは、韓国のファンはもちろん、日本のファンまで、パニック状態に追いやってしまった。いったいなぜパクヨンハは、人気絶頂で自殺を決心するようになったのだろうか。

去る6月30日午後3時30分頃、ソウル江南(カンナム)警察署は、俳優のパクヨンハの死亡率に関するブリーフィングを行った。この席でグァクジョンギ刑事課長は、 "父のがん闘病、事業活動、芸能活動を並行することによるストレスでお酒を飲んで衝動的に自殺を決行して死亡したと推定される"と明らかにした。一言で言えば、衝動的な自殺だったの話ですが、これの補佐官や知人たちの証言をもとにした発表内容である。彼が長年不眠症で睡眠薬を服用してきたという証言はあったが、うつ病にかかったことがあるの証言はなかった。きっと彼は、韓国と日本を行き来しながら、旺盛な芸能活動を繰り広げ、将来に向かってダルウムジルしていた。ちょうど父親の癌闘病、事業活動、芸能活動などにより、ストレスを受けてきたこのような部分は、故人の衝動的な自殺に導いたと思われる。それでも、この3つの要因も自殺を決心するほどの重大な事案ではないと思われるせいで彼の自殺を説明する明確な原因だと断定にすることは難しい。また、故人の側近たちも彼がこのような難しさをよくつきぬけていることが見えたと話している。

ちょうど『よくつきぬけていることが示されていた』は、可能性だけで、実際に故人がそうなのかは誰も知ることができない。希望者は言葉がない方。ただし故人が最近になってかなり苦しい日々を過ごしていたことは明らかである。故人のある知人は、 <日曜新聞>とのインタビューで、"故人が再三の悪材料にヒムギョウォしていた"と説明する。彼は故人が明るく堅苦しくない性格に見えるが、實在非常にデリケートな味方だったと回想する。夜寝る満たされていないことも、このようなデリケートな性格が原因だったと。

故人の知人が言ったの悪材料は、警察の捜査内容とは大きく異なっていなかった。まず、ビジネス的な部分である。韓国と日本では様々な事業をボルイリョが、仕事が計画通りに進行しておらず、この過程で、長年の関係が続いてきた側近に裏切られたりした。再三の興行に失敗したため芸能界の活動にも負担が大きいうえ、頼みのしてきた父親の癌闘病まで加わってデリケートな故人がかなり辛いという裏話だ。

最も簡単に考えることができる部分は、経済的な難しさである。世間では、債権債務関係が複雑に絡んでいるとか、ビジネス上の問題として社債までドラッグして書いたとかの話も出回っているが根拠は全くない。パクヨンハは去る2008年ヨナエンターテイメントを設立し、事業を開始したが、まだ大きな負債の質の程度に組織が大きくなった状況ではない。ちょうど日本での有名税を活用した'マーチャンダイジング 商品'を作成しましたが、製品に問題が生じ、数億ウォン台の被害を受けたという話もある。しかし、パクヨンハの輸入規模を置いて表示すると、致命的な経済危機だと見ることができるレベルではない。

また、パクヨンハはIMF当時、父親が親類ビトボジュンウル間違っては風に家族がバラバラに生き、 7年以上の苦労である2003年になっ負債をすべて完済した経験がある。ほとんどの経済危機は、十分に克服やりこなすことができる経験と精神力があると見ても問題ない。

しかし、長年の債務の清算プロセスの後遺症か、韓流スターとして韓国と日本を行き来しながら活発な活動を行ったパクヨンハの人気を考えると、彼の財産の規模はそれほど大きくないことが知られている。まず、パクヨンハがこの世を去るまで住んでいた家は彼の所有ではなく、父親の人の貸し切りだった。ちょうど住宅保証金が8億ウォンの高級アパートに勝つである。また、ヨナエンターテイメントオフィスが清潭洞に位置しているものの、贅沢な、いつも 芸能プロダクションとは異なり、普通のオフィスだった。

一部のメディアでは最近、故人が経済的困難に乗って通学していた車を販売しようとしたと報道したがもし急にお金が必要とした場合、住宅保証金も融通が容易ではない状態だったとみられる。現在、彼が貸切で使用しているアパートは、家主の事情により、ガアプリュドェている状況である。近隣の不動産業者は"登記簿謄本上のチャーター契約の設定になっているうえ、ガアプリュドゥェン視点がチャーター契約イフラ住宅保証金は、法的に保護されている"と述べ、"ちょうどこのような場合は、入居者がチャーター契約を解約し、引越ししようとする場合の難しさが続くのに、すでに仮差し押さえになったマンションの場合、住宅保証金の保護が容易ではなく、次のテナントを入手が難しいため"と説明する。

とパクヨンハは去る2008年の1人企画死因ヨナエンターテイメントを設立以来、様々な事業をボルイリョ準備してきた。まず、日本では『マーチャンダイジング商品'の販売及びフランチャイズ事業などを視覚化したが、まだ実行に移され、地震ができなかった。また、国内では明洞エリアの韓流 レストランを準備してきた。自殺直前に会った人物も一緒に韓流のレストラン事業を実施しようとしたの某さんだ。しかし、この事業も、計画通りに進まなかった。

このような新規事業を準備する過程で、どの程度の投資資金が入ったれるジョンファクチが、経済的に打撃を塗るだけのレベルではないと思われる。しかし、視覚化するようにビジネスが行われていないのに対し、故人がかなりのストレスを受けたことが知られる。

新人アーティストを何人か発掘されていたことが知られていたが、ヨナのエンターテイメントのコアビジネスは断然パクヨンハの芸能界の活動である。彼がしっかりとスターの座を守って、芸能界の活動だけをよく進んでも、会社の経営に大きな問題はないことができるというもの。ヨナのエンターテイメントを設立した後、出演した映画<作戦>とドラマ<男の物語>が相次いで興行に失敗したが、最近のドラマ<ラブソング>にキャスティングされてユンウネと呼吸を合わせる予定だった。興行するかどうかが負担な状態に勝ったものの、芸能活動は着実に継続されていた。

日本では、死亡直前までのツアーコンサートを行うほど活発に活動した。しかし、難しさも後に続いた。故人の側近芸能界の挨拶は"日本のある芸能企画社から100億ウォン台の契約金を提示受けたりしていた故人は、日本の芸能事務所ではなく、自分が設立したヨナエンターテイメントを介して日本の活動を続けている"とし"日本の芸能界では地元の有名な芸能企画社以外の場合は、活動に制約があるので難しさが多かったのだ"と説明する。

故人を最もかろうじて作成した部分は、すぐに周りの人たちのことで気苦労である。まず、その始まりは、最も信じて意志だった父親の癌闘病である。昨年10月ごろから、父親のがん闘病が始まり、パクヨンハがかなり難しくしたとのこと。ソンチャンシックチョンスラなどのアルバムを制作した元老レコード製作者の父親バクスンイン氏は、パクヨンハが設立したヨナエンターテイメントの代表でもあるのに、それだけパクヨンハが芸能活動を行って事業を推進する過程で、大きな支えになってくれたと言う。したがって、パクヨンハに父親の癌の闘病は、家の問題を離れ、ビジネス上の問題でもある。

さらに重大な問題は、長い期間一緒に芸能活動をしてきたYさんとの対立である。故人は、 Y氏と前事務所から呼吸を合わせてくると、ヨナのエンターテイメントを設立した。ところが、今年初めにY氏が会社の公金を横領し、会社を離れることになった。代表を務めていた父親のがんの闘病に続いて一緒に会社を設立したY氏の裏切りに故人は、かなりの衝撃を受けたのはもちろん、会社運営についても、心配が増えてきた。

そして最近のことパクヨンハは再び古い知人からの裏切りをかくことになる。故人のある側近は"パクヨンハさんは、一度誰かを信じれば、すべてのものを与えるほどの義理が深い"と述べ、"今年初め、 Y氏との確執に続いてもう1度知人の裏切りを経験した後、とても大変だった"と語ってする。どのような内容の裏切りだったかは正確に明らかでしたが、今回もお金に関連する問題だったということ。

父親の癌闘病、一緒にビジネスを進めてきた長年の知人の裏切り、そしてこれらなしで単独で行った様々な事業の難航などが複合的にオルヒミョとパクヨンハを苦労し作成され、最終的に彼はこの世を去ってしまった。去った人は、言葉がなく、彼のまま送信された家族は億枚が崩れる痛みに声を上げて泣くだけだ。

http://media.daum.net/breakingnews/view.html?cateid=100000&newsid=20100709132325614&p=ilyo
2010.08.07 Sat l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。