上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
パクヒョシン、コンサートで故パクヨンハ述べ、"まだ彼は私の横にある"

歌手パクヒョシンが5日午後7時30分、ソウルオリンピック公園体操競技場で行われたデビュー10周年記念コンサート2010 Gift2 Live Tour 』で、故パクヨンハを述べた。

パクヒョシンは、"私は公演をする時はパクヨンハがこの場にいるか、舞台に上がる前に必ず電話をしていた"とし、"どのように思われるかもしれませんが、兄と同じくらい大切な兄だ"と述べた。

続いて、"実は、この舞台をたくさん心配していた。パクヨンハはいつも私に『私は君と君の舞台で一緒に歌ってみるのが願いだ』と言った"と述べ、"そのたびに私も良いと言ったのに『私は本当にもっと頑張って歌の練習をして立つ』と話していた"と話し、涙を示されていた。

パクヒョシンは、 "まだ間もなくて、私はちょっとそうだ。それで一緒にぜひ呼んでみたいと思った曲を準備した。一緒に歌うという考えで熱唱する"と言って拍手を浴びた。

この曲は『愛という名の地図』という曲で、故パクヨンハの日本のアルバムに収録されたりした。歌を歌う中の電光掲示板には、故パクヨンハの映像が上映されて周囲を残念にした。パクヒョシンは、 "今日は特にパクヨンハが隣にあると思うと思う。のように楽しんでくれたら嬉しいです"と語った。

今回のコンサートは25日と26日の両日、ソウルオリンピック公園体操競技場を皮切りに、来月9日、釜山(プサン) KBSホール、 24日大邱(テグ)EXCO 、 30日、大田貿易展示館、11月6日、仁川三山ワールド体育館で公演される。

http://news.nate.com/view/20100925n06717
2010.09.25 Sat l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。