上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
玉木告知"パクヨンハが好きな歌ブルルテンの横にあると思う"

東亜日報]耐寒控えた『安全地帯』玉木高地eメールインタビュー

曲が大好きからか?国内の有名バラード歌手たちの中で、このグループのヒット曲を盗作したという疑惑を受けた人が大勢いる。伝説の日本のロックバンド『安全地帯』。 1982年にデビューした彼らは、感性を刺激するバラードを相次いで発表し、20年以上、日本の歌謡界を平定した。

2003年にバンド活動を中断していた安全地帯の五人のメンバーが今年再び団結した。メンバーの年齢は皆50代で立ち入った頭もフイクトフイクトが、音楽に対する情熱だけは、まだ熱い。これらは17日、ソウル慶煕大平和の殿堂で、初の来韓公演を行う。日本、香港、台湾などを回って、進行中のアジアツアーコンサートの一部だ。

初の来韓公演を控えて安全地帯のボーカル玉城告知(52)が、本紙がeメールでインタビューした。彼はソロ歌手や俳優としても活動しており、日本では一挙手一投足が記事になるほど注目されるトップスターだ。

多摩のキーは"7年ぶりに再び舞台に立って、複数の箇所の安全地帯のファンを訪ねて行っアジアツアーコンサートを準備した"とし"韓国にも私たちの歌を知っているファンがいると入って以前から機会があれば公演をぜひしたいと思った"と述べた。

韓国が楽で、これまでたまに旅行でも来たこと、彼は"コチュジャンとキムチを好んで食べる"とした。また、韓国のミュージシャンたちと音楽的交流をすると言って韓国との縁も紹介した。

特に、今回のアジアツアーコンサートで玉木の注意点は、グループの代表曲『フレンド』を呼ぶ前にある韓流スターと築いた友情をフェゴヘ人目を引いた。今年6月、自ら命を締め切って、多くの韓流ファンを泣かせた朴容疑である。

"ヨンハさんは5年前、私はソロで活動して公演をするとき初めて会いました。少年のような顔と明るい笑い声がまだ記憶に残ります。以来、一緒にご飯を食べてその一方の友人ができました。今回の韓国公演にもヨンハさんが必ずワジュギル願った...。こんなことができて、言葉で表現できないほど悲しいですね。 『フレンドスター』は、ヨンハさんが生前にすごく好きな曲です。だから歌う前に彼の話をしています。"

玉城の注意点は、この歌を歌うたびに、"会場には常にパクヨンハが来ているという感じがする。私は、首の状態がよくないときに助けてもらったことも何度もある"とし、"ヨンハさん、ありがとう"と切ない心情を伝えた。

最近の日本公演の間に客席に座ったファンと言い争いを繰り広げるなど、不幸な出来事についての質問もどけて行かなかった。彼は"本当に申し訳ない"とし"私に音楽の公演は、1つの課題なのに私も人間だから、その挑戦が時々うまくなって倒れたり、失敗する時がある"と打ち明けた。

今回の韓国公演については、"史上最高の舞台になるように最善を尽くしながら、会場を盛り上げた分からない"とし"韓国の人々が情熱的なのでいい。想像を絶するほどヨルグァンヘていただきますよう期待する"と訴えた。

http://news.nate.com/view/20101015n01371
2010.10.15 Fri l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。