上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
故パクヨンハ、アフリカのチャド探して献身奉仕『ジーン』

2010102222124415415_1.jpg

(故)パクヨンハが生前アフリカのチャドを見つけて『ヨナスクール』の建設に力をつくす姿が最初に公開されて視聴者たちの胸がキュンした。

22日午後放送されたSBS 2010の希望TV』3部は'故パクヨンハのアフリカへのピンの希望ヨナスクール』というタイトルのプログラムを通じて、故人が生前チャドを見つけて献身的な奉仕活動を広げた姿を行った。また、とパクヨンハがこの世を去った後、同僚俳優パクヒスンとミントの線がチャドを訪問して開校式に出席する姿も公開されて人目を引いた。

とパクヨンハは去る5月、日本のファンと一緒に集めた資金でチャドの子供たちの未来のために自分の名前を冠した学校の『ヨナスクール』を立て、これを一緒にしたSBS'希望TV』は、生前のパクヨンハ、パクヒスンと同行した。

この日の放送直前には、偶然に故人の父親が暗闘病の端にこの世を去って見る者を粛然とさせた。プログラムの進行を引き受けたパクヒスンとミントの線は、放送と一緒に故人への弔意を表わしもした。

'故パクヨンハのアフリカへのピンの希望ヨナスクール』は、アフリカのチャドの子どもたちに希望を与えるために、『ヨナスクール』を作る故人の意を追って見る人の心を温めていた。

画面の中のパクヨンハは、汚染された水を飲んで深刻な栄養失調に苦しむ子供たちを眺めながら、目頭を赤くした。昨年、チャドを訪れたパクヨンハは、今年5月に再びチャドのを見つけて、現地の子供たちと再会したりした。

また、先日、故人をたたえチャドを訪れたパクヒスンとミントの線が『ヨナスクール』の開校を準備し、子供たちの授業を助ける場面も公開されて人目を引いた。開校式に出席した二人の俳優故人を思い浮かべながら、水を流して視聴者の心を解けないようにした。

一方、SBS'希望TV』4部は23日未明に放送される予定だ。

http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2010102222124415415
2010.10.24 Sun l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。