上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
イボムス"私たちは、パクヨンハと呼ばれる星の一つを失った"

去る6月善良な目つき、美しい笑顔の俳優パクヨンハが去った。 まだパクヨンハが私達のそばにないという事実が実感こない今彼を再び会うことができる時間が与えられた。

SBSは、創立20周年特集もう一度見たいと思うのSBSドラマ10ラインで9日夕方には、『オンエア』編が放映する。 去る2008年に放映された話題のドラマ『オンエア』のパクヨンハはイプボンウル控えたドラマ局PDイギョンミン役で出演した。 言うべきことは言うもしながらも、情が多くて愚直な姿が魅力的だったのが役割でパクヨンハは、軍除隊後に、まだ健在なスターであることを立証した。

パクヨンハをはじめ、イボムスキムハヌルソンユナなどトプベオドゥルイ一緒に出演し、ドラマの楽しさをドヘトゴ、放送が話を元にしたという点でより多くの関心を受けた。

イボムスはこの日の特集番組で、当時を回想し、今は故人となったパクヨンハを偲んで、"我々は、星の一つを失った。 本当に誠実し、そして誰よりも演技に対する情熱をブルテウォトジマン残念ながら、世界を先に去るしかなかったパクヨンハさんに私達のオンエアチームは、心から哀悼の意を表する"と伝えた。

当時、イボムスは、このドラマを通じて、"『かっとボムス』『ホールボムス』『シャープボムス』など、最も多くのニックネームをつけた作品で記憶している"とし"特に、マネジャーの役割を介して、普段の私に役立つのマネージャーの方々にありがたさと大切さを改めて感じることができた"と打ち明けた。

キムハヌルも、このドラマを通じて、"オスンアの演技をしてから自分の演技のターニングポイントないし、また、一度の再発見となった"とし"特に、トップスタースンア役を使って実際の俳優である自分が知らずにいた自信と堂々と学んだ"と感想を残した。
2010.11.09 Tue l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。