上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
パクヨンハ大賞受賞で日本のファン嗚咽

128944803526_20101112.jpg


日本のスカパーアワード2010には、パクヨンハの母親に直接受賞

<ハンギョレ>が日本のニュース専門のポータルサイト<第イッピーニュース>(JPnews.kr)と提携し、日本のニュースをお届けします。 チョンニョオク議員や『日本はない』裁判を行い、去る1月13日の2審で勝訴した在日朝鮮人ジャーナリストユジェスン氏<第イッピーニュース>代表を務めています。 原文を手にしたい方は 、ここ をクリックすると、<第イッピーニュース>の該当記事に移動することができます。

"スカパー!アワード2010大賞はINNOCENT WORLDパクヨンハのアフリカの旅です"

日本のスカパーアワードの対象に生前のパクヨンハがアフリカの嫁を見つけて、ヨナスクールを立てて献身的なボランティア活動をした映像が選定されると、観客席では『ヨナ〜』という叫びと一緒にむせぶ声が満ちていた。

10日の東京JCBホール、日本最大のコンテンツジェジョンイン衛星放送スカパーでの一年間で最もすばらしい映像を受賞しているスカパー! アワード2010が開催された。

スカパー! アワード2010は、今年一年の間、スカパーで放映されたニュース、映画、アニメ、音楽、海外ドラマ/バラエティ、韓流/華流、趣味/実用的な、国内ドラマ/バラエティ、スポーツ、ドキュメンタリーなど10個のジャンルに100以上の代表作の中で秀作を選別する放送コンテンツの受賞式である。

今年で三番目の授賞式を右スカパー! アワード2010は、第1回でパクヨンハのセルフカメラを盛り込んだ『パクヨンハダイアリー』が、韓流賞対象の2冠を達成した事があって、第2回では、マイケルジャクソンの最後の姿を描いた『マイケルジャクソンの50時間』が大賞を受賞した。

選定方式は、各ジャンル別受賞作品の中でスカパー視聴者たちの自主投票で選ばれる。 2年前のスターらしからぬ素直で純粋なセルフカメラを込めて、大賞を受賞したパクヨンハは、今年、故人となって、もう一度、韓流/華流(日本)賞大賞を受賞することになった。

先に先立ち、韓流上でパクヨンハの生前の姿が画面にビチジャ'ヨナ〜』と叫んで、客席では、泣き声が起こった。 日本国内の放送を担当したケーブルチャンネルMnetの代表者が代理受賞をして、"彼は私たちに特別な存在だった。彼が生前に見せてくれた情熱を今後も放送を通じて引き続きお届け私が分からない私たちは、本当に惜しい人材を失ったと思う"と話そうファンの鳴き声は、前の会場に響いた。

授賞式のクライマックスに発表された対象は、日本のW杯代表チームの選手岡崎信次がやや低い声でパクヨンハの名前を呼んだ。 受賞者ではとパクヨンハの母親や家族、生前の親しい後輩だった俳優のパククァンヒョンが舞台に上がった。

ここではきれいに韓服を着たパクヨンハの母親の姿を見てみよう嗚咽を放った。 母は、"ファンの皆さんに、まず申し訳ないという言葉を申し上げたい"と挨拶をした後、"子を先にボネンドィとても大変だったけど、日本のファンの方々のご声援と関係者の支持に支えられた。報いるためにもっと熱心に暮らします。天国の夫とヨンハが私たちを守ってくれるのだ"と震える声で言った。

続いて"ヨンハヌンママ服に関心が多かった。今日は、韓服を着たが、この服を心にドゥルオハルか気になる今でも『この服はどうだ』と声をかけていきたい"と話し、受賞式場が粛然な雰囲気に囲まれていた。

韓国ではパクヒョシン、リュシウォン、ジェジュンなどの先輩と後輩が受賞を祝うビデオメッセージを送ってきた。

受賞式を終えても泣きを浸していない多くのファンがお互いに抱きあっ抱えたまま客席に座っていた。 そのうちの娘と一緒に埼玉で訪ねてきたという40代のパクヨンハの女性ファンは、"ヨンハを二度と授賞式で見られないと思ったが、あまりにもノルラウォトゴ感動した"と涙を盗むこともあった。 彼女は生前、パクヨンハの優しい性格、人柄に反してファンクラブから積極的に活動したとした。

"パクヨンハは珍しくファンに優しい人だった。多数のファンと一緒にいても、すべてを対象とするのではなく、一人一人に視線を送って気に使っていた人だった。彼は絶対的なジョンジェゴ、永久に彼を覚えている"と述べた。

このように、パクヨンハは、空に行ったが、日本と日本のファンたちは、まだ彼を慕っていた。

http://news.nate.com/view/20101111n12783
2010.11.12 Fri l 韓国 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。